成績が上がる方程式

中学生、高校生を持つ保護者様へ

受験を通して自分を成長させる塾。
スカイ予備校の塾長の五十嵐です。

いつも当塾のブログを見ていただきまして、
誠にありがとうございます。

高崎市下小鳥町にスカイ予備校を開校し、
ちょうど10年になりました。
地元に密着し、公立高校合格第一、
大学受験では国公立大学合格第一に
指導をしています。

★8年連続で国公立大学合格を達成しています。

1人ひとりの性格や考え方、趣味にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

=====================
成績が上がるには、方程式があります。

世間一般では、
(成績が上がる)=(やる気)×(勉強の質)×(勉強量)
などと言われています。

この中の1つでも下がると成績は上がりません。
確かにその通りですね。

しかし私はあと2つの要素を入れたいと思います。
それは、・・・・

(集中力)×(姿勢)です。

つまり、
(成績が上がる)=(やる気)×(勉強の質)×(勉強量)×(集中力)×(姿勢)

やる気があっても、集中力が下がるとダメです。
そして、姿勢が悪いと集中力もやる気も下がります。

勉強するには、正しい姿勢が必要です。

最近の子どもは猫背の子が多いです。
猫背になると、胸が圧迫されて、浅い呼吸になります。
よく集中するには瞑想(めいそう)が良い、などと
言われますが、

瞑想は、呼吸を意識することで、心が落ち着き、
冷静になれ、そして集中します。

その際は、背筋をピンと伸ばして、
鼻から息を吸って、口から息を吐きます。

その時に、猫背で胸が圧迫されていると
十分な酸素が脳に行きません。

そうなると先ほどの式の(姿勢)が悪くなり、
成績アップできなくなるのです。

姿勢に気をつける!
ここも重要なポイントです。

スカイ予備校 五十嵐

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。