ワールドカップの日本人サポーターの振る舞い

中学生、高校生を持つ保護者様へ

受験を通して自分を成長させる塾。
スカイ予備校の塾長の五十嵐です。

いつも当塾のブログを見ていただきまして、
誠にありがとうございます。

高崎市下小鳥町にスカイ予備校を開校し、
ちょうど10年になりました。
地元に密着し、公立高校合格第一、
大学受験では国公立大学合格第一に
指導をしています。

★8年連続で国公立大学合格を達成しています。

1人ひとりの性格や考え方、趣味にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

=====================

ワールドカップももう終わりに近づいています。
日本チームの活躍は深夜(早朝)の試合にも
関わらず多くの日本人が試合を見ていました。

当然、私も深夜3時からのキックオフ!
そして、最後のアディショナルタイムの残念な
逆転負けで、早朝から絶叫していました。


さて、今回のテーマはそんな日本人サポーター
の行動についてです。

このような大会があると、日本人サポーターは
ビニル袋を持参し、自分以外のゴミを拾って
帰るそうです。

それを見た各国のサポーターは、
「日本人はとてもマナーが良い」と絶賛です。

誰が指示したわけではありませんが、
一人のサポーターから始まった行動だと思います。

日本人のこのような態度、姿勢、行動は
本当にすごいことだと思います。
これも世界に誇れる日本の文化だと
胸を張って言えますね。

こうやって、誰からも指示されたわけでもなく、
「良いと思ったので行動した、始めた。」
ということは、褒めてもらおうと思って
やっているわけではありません。

自分の行動基準を持っているので、
それにしたがって動いているだけです。

このようにして、自分の行動基準を持っていると
どんな時でも最初にどんな行動をするのか、
という悩みが無くなります。

常にやるべきことが決まっています。

私はスカイ予備校にきている生徒にも、
自分の人生を自分で決めて、自分の行動基準で
動ける、そして夢を実現できる大人になって
欲しいと思っています。

長くスカイ予備校に通っていると、
塾長の私があれやって、これやってと言わなくても、
自分で「今日はこれこれをやります。」と
表明する生徒もいます。

すごく成長を感じます。

スカイ予備校 五十嵐

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。