===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

中3生 英語の偏差値が夏前から15伸びた生徒

群馬県高崎市の個別指導塾
スカイ予備校の塾長五十嵐です。

☆おかげさまで、8年連続国公立大学の合格実績が
達成できました。

===================
中3生は昨日、先日10月上旬に実施した実力テストの結果が返却されて来ました。
このテストは、群馬県内のある業者に依頼しているテストです。

つまり、群馬県内の様々な塾で開催されている業者テストで、
約6000人以上の中3生が受験しているテストです。

このテストでは、偏差値が出て来るので、自分の志望する高校までの
距離がわかりやすいのです。

スカイ予備校のある中3生のKさんは、英語が苦手で、
中2の秋に当塾に転塾して来ました。

その当時から、英語に苦手意識があり、学校の中間期末テストでは、
英語がかなり足を引っ張っていました。

そんなKさんも中3になり、夏の部活が終わり、夏休みから
受験に対して本腰を入れて来たという状況です。

夏休みは主に中1、2の英文法を中心に学習を進めました。
正直最初は、be動詞も一般動詞も一緒に使っていた状況でした。
そして、8月末には中1、2の全部と中3の1学期までの英文法が
終わりました。

しかし、9月上旬の業者テストでは、英語はそれほど高い偏差値
は取れませんでした。偏差値40台前半です。

9月に入り、当塾では英語の長文問題をスタートさせました。
通常、他の塾でも英語の長文対策をやるのは、年明けが多いと思います。
それまでは文法中心の学習です。

しかし、学校のテストや実力テスト、塾の業者テストなどでは、
一定の長文問題が出題されます。
長文問題をあまりやったことがないと、これらのテストでは、
長文が全く解けません。

それでは得点や偏差値が上がるはずはありません。

9月中、中間テストの1週間前まで、英語の長文学習を実施しました。
英語の長文読解は、英語の全ての要素が入って来ます。

英単語の暗記、文法理解、英作文に加え、速読力や国語の論理展開力
なども必要になって来ます。

そして、約1ヶ月間の英語の長文読解の訓練をしました。
今回のKさんがとった偏差値は、なんと60以上です。
つまり、偏差値が15以上伸びたことになります。
そして、英語の長文読解がなんとパーフェクト。

もともと国語が得意であったということもあります。
(英語の長文が全部日本語で書かれてあっても、問題を解くことが
できない生徒もいます。こういう生徒は国語の読解力がないのです。)

このように英語では、長文が得点できるとかなり成績が伸びます。
当塾の生徒はこの英語長文読解の勉強のやり方で90%以上の
生徒が英語の成績アップをしました。

英語で伸びやなんでいる中3の生徒さんはご相談ください。
多分、成績をあげることができると思います。

スカイ予備校 五十嵐
0120-5955-37

===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。