===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

看護医療系小論文対策「小論文の型(パターン)を覚えよう」

看護医療系小論文対策「小論文の型(パターン)を覚えよう」

==================================
高校3年夏以降の添削サービスはこちら
高校3年生の夏前までの添削サービスはこちら
==================================

看護医療系大学の進学を目指すあなたへ

スカイ予備校の塾長の五十嵐です。
小論文指導歴20年です。毎年、多くの生徒が看護大学、医療系大学に合格し、自分の夢を叶えています。

今日のテーマは「小論文の型(パターン)を覚えよう」ということです。

小論文が全く書けなかった人が、この型(パターン)を覚えるとスラスラ
書けてしまうことがあります。

その型(パターン)とは、
1)結論
2)理由
3)具体例
4)再度結論

この流れでOKです。

特に大切なのは、3)の具体例です。
具体例と言ってもただ本当に具体例だけを書くだけではありません。

自分の意見(結論)とその理由を補完する具体例が必要です。
そして、自分がどんな医療人になりたいのか、
そのようなことをしっかりと書くと良いと思います。

しかし、ただ看護師、理学療法士、作業療法士、検査技師等に
なりたいと情熱だけを伝えてもダメです。

小論文は作文と違うので、しっかりと客観的な根拠を
示さないといけません。

もしあなたが小論文をどのように書いていいのか
わからない場合は、上の型(パターン)を意識して
書いてみてください。

そして、信頼できる先生に指導を受けて、
良いアドバイスをもらい、なんども書くとレベル
アップしていきます。

ただ最近は、これらの型(パターン)を知っている受験生も
たくさんいます。ですから、この型(パターン)で書いても、
中身がよくないと高得点は望めません。

しかし、この型(パターン)を知ることで、今まで全く
鉛筆が進まなかった生徒も、書きやすくなります。


さあ、頑張っていきましょう。

スカイ予備校 五十嵐

===============================

高校3年夏以降の添削サービスはこちら
高校3年生の夏前までの添削サービスはこちら


===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。