===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

看護医療系小論文対策「グラフ(資料)問題はここに注目!」

看護医療系小論文対策「グラフ(資料)問題はここに注目!」

==================================
高1〜高校3年生の夏前までの添削サービスはこちら
高校3年夏以降の添削サービスはこちら
==================================

看護医療系大学の進学を目指すあなたへ

スカイ予備校の塾長の五十嵐です。
小論文指導歴20年です。毎年、多くの生徒が看護大学、医療系大学に合格し、自分の夢を叶えています。

今日のテーマは「グラフ(資料)問題はここに注目!」ということです。

看護医療系の受験の過去問題を見ると、大きくいくつかの種類に分かれます。

一行問題 『あなたの理想とする看護師像とは」
課題型問題 通常の小論文入試です。だいたい400-600字程度です。
グラフ(資料問題) グラフや資料を与えらえて、その内容に関して答案をか書く。

大きく分けて、この3パターンぐらいです。
その他、国語や英語が課題文で出題され、国語力、英語力を絡め、その中で
あなたの意見を400字で述べよ、という出題形式もあります。

今回は、苦手な人が多いグラフ(資料)問題について書きます。

グラフや資料問題を出題する意図とは、一体なんでしょうか?
それは論理的な思考力と表現力を持っているかをはかります。
医療の現場では、適切な論理力を持った判断力が必要なので、
医療看護系では小論文が課されると推測されます。

では、受験生どうやってこれらのグラフ資料問題を対応したらいいのか。
これはあまり難しくありません。

グラフや資料の中で、突出した場所をフォーカスします。
例えば折れ線グラフがあれば、急激に上がっている場所、
逆に急激に下がっている場所が目立ちます。
その目立つ場所だけを拾い出し、なぜそのような突出した
結果になっているのかを分析するのです。

「なぜ●年のグラフAは前年に比べて30%以上上昇しているのか」
みたいな問題提起をします。
そして、その答えと根拠を述べていきます。

そのようにすれば、苦手だったグラフ、資料問題もとっかかりが
できます。あとはなんども書いて、信頼のおける先生に添削してもらいましょう。

まだ時間はあります。
頑張っていきましょう。

スカイ予備校 五十嵐

===============================

高校3年夏以降の添削サービスはこちら
高校3年生の夏前までの添削サービスはこちら


===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。