===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

偏差値37からの国公立大学に逆転合格 その5

高校3年生へ

受験を通して自分を成長させる塾。
スカイ予備校の塾長の五十嵐です。

いつも当塾のブログを見ていただきまして、
誠にありがとうございます。

高崎市下小鳥町にスカイ予備校を開校し、
ちょうど10年になりました。
地元に密着し、公立高校合格第一、
大学受験では国公立大学合格第一に
指導をしています。

★8年連続で国公立大学合格を達成しています。

1人ひとりの性格や考え方、趣味にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

★無料体験学習実施中!
お気軽にご連絡ください。
0120-5955-37

=====================

S君の英単語との格闘は毎日続いた。

しかし、彼はあまり不安はなかった。
なぜなら、やるべきことが毎日「明確」だから。

最初辛かった英単語の暗記もペースがわかってきた。
自分のできなかった英単語をカード化し、
それを細切れ時間に繰り返した。

スカイ予備校では50分学習して、10分休憩を
繰り返す。

S君は自分で、毎回の学習(50分)のうち疲れたら、
5-10分間英単語をやると決めていた。

今日覚える英単語60個を最初の20分で、覚える。
音読したり、書いたりして。

そして、疲れたら
次の5-10分で英単語カードを繰り返す。
できたら○、できなかったら×
それを記入していく。

その後、残りの20分で、これまでの総復習の英単語
テスト(ランダムテスト)を5枚やる。

できなかった英単語はカード化する。
この繰り返しである。

点数がいい時もあれば、悪い時もある。
大切なのは、点数に関係なく淡々と
「やるべきこと」をしっかり「やること」

この繰り返しである。

ある日、
S君は少しずつ自分の英単語力がついたことを
実感する出来事が起きた!

続く

===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。