===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

偏差値37からの国公立大学に逆転合格 その3

高校3年生へ

受験を通して自分を成長させる塾。
スカイ予備校の塾長の五十嵐です。

いつも当塾のブログを見ていただきまして、
誠にありがとうございます。

高崎市下小鳥町にスカイ予備校を開校し、
ちょうど10年になりました。
地元に密着し、公立高校合格第一、
大学受験では国公立大学合格第一に
指導をしています。

★8年連続で国公立大学合格を達成しています。

1人ひとりの性格や考え方、趣味にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

★無料体験学習実施中!
お気軽にご連絡ください。
0120-5955-37

=====================

S君の変化は、ある意味当然だった。

人間は習慣の生き物だと言われている。
つまり、辛いことも「習慣化」されると
辛くなくなるということだ。

勉強の習慣のないS君にとって、
毎日10時間勉強すること、
しかも苦手な英語をひたすらすることは、
とても辛かったに違いない。

しかし、逃げようがないこの環境で、
彼は毎日、英単語と向き合った。

1600語を一気に覚えようとすると、それは
とても大変だ。

しかし、それを60語に分けて、その1グループを
満点を取ることを目指す。
これなら、S君でも数時間頑張れば覚えられる。

そして、覚えたかどうかのチェックを確認テストで測る。
最初は30点中、2点くらしか取れない。

机に長時間座っていることが習慣化され、
辛くなくなった.

しかし、もう1つの辛さが襲ってきた。
それは、・・・・・

「全然、英単語が覚えられない」

これは結構、強烈だ。

30点満点のテストをしても、最初は2点くらいしか
取れない。あんなに声を出して、そして、手が疲れるまで
書いたのに。

2回目のテストで10点くらいなる。
ちょっと成長。

3回目のテストで20点を超える。

しかし、そこからがまた大変。
全然、満点を取れない。
30点満点がとても難しい。

途中で、心が折れそうになる。

さて、S君はどうするのかな?

続く

===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。