【勉強のやり方】成績アップに必要なこと その3「勉強量」

中学生、高校生
とその保護者様へ

受験を通して自分を成長させる塾。
スカイ予備校の塾長の五十嵐です。

いつも当塾のブログを見ていただきまして、
誠にありがとうございます。

高崎市下小鳥町にスカイ予備校を開校し、
ちょうど10年になりました。
地元に密着し、公立高校合格第一、
大学受験では国公立大学合格第一に
指導をしています。

★8年連続で国公立大学合格を達成しています。

1人ひとりの性格や考え方、趣味にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

=====================
夏休みに向けて、成績アップの秘訣を
お話ししています。

昨日の2回目その2は
「計画」というテーマでした。

計画性のない勉強は、旅行先の決まっていない
旅行と同じ。場所も、日程も、予算も何も決まっていません。

これでは、どこにも行けませんね。
やる気(旅行へ行く気)があっても、どこも行けません。
当たり前です。

今回のテーマは、その3で「勉強量」についての話です。
勉強量が少ないと、成績は伸びない。
これは誰もがわかる話です。

以前のブログの記事でも書きましたが、
この夏休みは、中1、2年生であれが、1日3時間以上
勉強をしてください。
高1、2年生であれば、1日5時間。

中3、高3の受験生であれば1日8時間以上です。
理想は1日10時間です。

「1日10時間以上、勉強したら死んじゃうよ!」
そういう生徒もいます。

本当ですか?
今、毎日学校へ行き、6時間の授業を受けます。
塾があれば、3時間は勉強します。
合計9時間です。

これにあと1時間勉強すれば、1日10時間勉強です。
今でも1日9時間勉強しています。

死んでいますか?
死んでいませんよね。

そう、だから夏休みに1日10時間勉強することは、
決して不可能な数字ではありません。

勉強する習慣と環境があれば、1日10時間勉強はできるのです。

スカイ予備校では、朝9時から夜9時までの12時間
塾にいます。その間に昼ご飯タイム、夜ご飯タイムが
各1時間ずつ合計2時間あります。

その以外の10時間が勉強時間となります。
ただずっと10時間勉強は集中力が続かないので、
50分勉強して、10分休憩という
リズムで勉強します。

周囲はみんな一生懸命勉強しています。
だから、自分だけだらけていることはできません。

部活もそうです。
一人で練習すると長い時間できない。
しかし、仲間や先輩、後輩と一緒にやれば、
厳しい練習にも耐えられます。
そういう時こそ、自分の実力が伸びるのです。

具体的に言えば、
午前中 9:00-13:00の4時間学習
  主に学校の宿題をやります。
午後 14:00-17:00の3時間学習
  中3生は中1、2の英語と数学
  高3生は英語と数学の学習
夜 18:00-21:00の3時間学習
  中3生は中1、2の理科、社会、国語
  高3生は理科、社会の選択科目や国語(現代文、古文、漢文)
と行った感じです。

学校の宿題が早く終われば、午前中は別のことを
やります。

一人では10時間勉強なんて、できませんが、
みんなと一緒にやれば大丈夫です。

受験生以外の学年も、希望すれば1日6時間学習、
10時間学習も参加OKです。


次回は、成績アップに必要なこと その4
「効率」についてお話をします。

スカイ予備校 五十嵐

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。