===================================
スカイ予備校
対象:小5~高3


スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。
===================================

【勉強のやり方】苦手な箇所は一人ひとり違うから・・

中学生、高校生を持つ保護者様へ

受験を通して自分を成長させる塾。
スカイ予備校の塾長の五十嵐です。

いつも当塾のブログを見ていただきまして、
誠にありがとうございます。

1人ひとりの性格や考え方、趣味にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

=====================

本日のテーマは、苦手科目の克服方法についてです。
あなたの(お子さんの)苦手は何ですか?

「英語です。」「数学です。」
などと即答できると思います。

そして、それを更に細分化すると、
「英語の長文です。」
「数学の図形です。」
などとなります。

また理科、社会、国語が苦手な生徒さんも
いらっしゃることでしょう。

苦手な箇所は一人ひとり違います。

自分で勉強して行く時に、学習プランが重要になってきます。
主に学校の課題をやればいいのですが。
その時に注意すべきことがあります。

自分の好きな、得意な科目ばかりやらないことです。

数学が好きな生徒は、数学ばかりやります。
数学は解けると嬉しいので、その快感を求めてしまいます。

英語が好きな生徒は英語ばかりやります。
難しい長文問題が読めて、問題が解けた時は達成感があります。

その結果、苦手な科目はあとへ、あとへ。
そして、提出日の前日になってから、嫌々やりまだします。

嫌々やるので、全く頭にはいりません。
嫌々やるので、全く成果が上がりません。

これでは成績は上がりませんね。

この状況を打破するには、嫌いな科目、苦手な科目を
好きな科目、得意な科目にする必要があります。

少なくとも嫌いじゃない、苦手じゃない科目にすることが
できれば、勉強するのが苦になりません。

では、どうしたらいいのか?

それにはあるテクニックがあります。
これは企業秘密なので、言えません。
すみません。
・・・・・・・・・・・・・・

1つ言えることは、受験では苦手科目があると、それが
足を引っ張り、合格が遠のきます。

具体的には、大学受験では英語です。
英語ができない生徒は、大学入試を突破することは、
かなり困難です。

英語が苦手な生徒は、早急に英語を好きになり、
頑張って克服しましょう。


スカイ予備校 五十嵐

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。