===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

群馬県民健康科学大学の推薦入試対策1

【通学不要の通信制・全国対応です】
<推薦AO小論文対策添削講座 10回の練習で合格答案になります>
11月の推薦入試の対策について詳細はこちら

高崎市のスカイ予備校の塾長の五十嵐です。
みなさん、受験勉強頑張っていますか?

今日は、前橋市にある群馬県民健康科学大学(いわゆる県科大)の推薦入試についてお話しします。
ご存知のように県科大は、看護学部と放射線学部の2学科からなる医療系の単科大学です。

前橋市下沖町にあり、JR前橋駅から行くにはちょっと遠い場所にあります。
推薦入試では群馬県内の高校生か、住所が県内にある高校生しか受験できません。
他県の公立の大学の多くも推薦入試は地元の高校生だけの募集となっています。

そして、推薦入試では面接のほか、小論文が課されます。
この小論文では英文・和文という記載があり、辞書の持ち込みも許されています。
つまり、知らない英単語は調べれば良い、というスタンスです。
(ただし電子辞書は不可ということ。)

この小論文ですが、群馬県民健康科学大学のホームページを見ると過去3年分が掲載されています。
平成29年入試を見ると、小論文試験1では図(グラフ)を使った問題で、小問2問からなります。
1番では、グラフの読み取り100字
2番では、このグラフを利用した条件付きの小論文600字です。

大問の2番は英文からの出題です。残念ながら英文は著作権の問題で掲載されていませんが、辞書の持ち込み可ということを考えると、内容は難しいものの文法などはそれほど難しい内容ではないと推測されます。センター試験程度と考えて良いかと思います。

小問3問のうち、1番2番は純粋な英語の問題です。そして小問3番がその英文に対する自分の意見200字を述べる出題となっています。

大問1、2の最後の問題が純粋な小論文の問題と言えます。
試験時間は90分ー120分程度だと思います。
この分量と難易度であれば90分あたりが妥当だと思います。

大問1の3では「あなたの体験も踏まえて」という記載があるため、この体験談が必要以上に長くなり、本筋である自分の意見や根拠が薄くなる可能性があります。600字程度だと具体例を入れただけで、かなりの字数を取られますからね。

結局、小論文はトレーニングを積めば、時間内に終わることはもちろんのこと、ライバルに差をつける答案を作ることもできます。当塾では群馬県民健康科学大学の推薦試験を受験する受験生に対して、小論文指導サービスを実施しています。

詳細はこちらから、通塾・通信制どちらでも対応できます。
高崎市内だけでなく、前橋市や富岡市、伊勢崎市に加え、吾妻地区や山間部、遠隔地(太田市、館林市、桐生市など)にお住いの受験生もぜひご検討ください。近所に住んでいるけど、通信制も大歓迎です。

【通学不要の通信制・全国対応です】
<推薦AO小論文対策添削講座 10回の練習で合格答案になります>
11月の推薦入試の対策について詳細はこちら

===================================
対象:小5~高3
スカイ予備校の指導方針&費用について
お気軽にお問い合わせください。 0120-5955-37
===================================

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。